ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

大卒初任給の驚くべき手取り推移とは!?就職率との推移も見ていきます

   

こんにちは、ユーマです。

大学四年生の人は非常に嫌な思いをしているであろう、就職活動。

2016年の大学初任給のおおよその平均額は20万4千円と言われているのですが、
初任給は昔と比べてみるとどの位変遷しているのか見ていきましょう。

手取り額はいくらなのか??

2016年の大卒初任給の金額は20万4千円と発表されているのですが、
これは税金が引かれていない状態の金額でありその人の手取り金額ではありません。

ここから一般的に引かれていくものを計算していってみると、、、

・健康保険

・雇用保険

・厚生年金保険

・所得税

などなど非常に多くの税金が引かれていくのです。

そのことも配慮して、手取り金額はいくらなのか考えてみると、
大体3万円と考えて17万4千円前後位になってしまいますね。

初任給が20万円以上あると考えると良さそうに聞こえるのですが、
実際手取りが17万円前後しかないと考えるとかなり厳しいですね。

また、2年目からは「住民税」が加わる人が大半ですので、
1年目以上に手取り金額が減ってしまうという現象も起きてしまうのですorz

大卒初任給の推移

まずはこちらのグラフをご覧ください。

2

こちらは1968年から2012年までの大卒平均初任給をグラフで表したものとなっています。

青色のグラフを見れば推移が良く分かるのですが、
2000年以前は一年経つたびにすごい推移で金額が上昇しているのですが、2000年移行からは大卒の初任給の推移は微々たるものになっていますね。

そして2016年の大卒平均初任給は20万4千円なので、このグラフの最後の年である
2012年からはおよそ4千円ほどしか上昇していないことが分かります。

年中年も前と比べると天と地ほどの差があるのですが、現状では対して
増えてはいなことが分かりますね。

就職率の推移

では次に就職率の推移について見ていきたいと思います。

まずはこちらのグラフを御覧ください。

3

リーマンショック以降はかなり厳しい年もありましたが、
2015年の段階では就職率が96.7%にまで回復していますね。

まあぶっちゃけた話、大学は基本的にどこかしらに就職させてから卒業させるため
就職率が高い値を取るのは当たり前なのですが、それでもリーマンショック直後は下がりました。

せっかく大学まで行って就職しないまま卒業したら行く意味は無いですもんねw

今のほうが給料は高い??

先ほどの初任給のグラフを見る限りでは、現在の若者のほうが給料が高いと思う人もいるかもしれませんが、

そんなことは決してありません。

確かに初任給に関してみれば現在のほうが高いことは確かなのですが、
ただそれだけなのです。

ただ初任給が高いだけであって昔と比べると給料も生涯賃金も歴然とした差があります。

nendaibetu 大卒初任給の平均手取りの推移

このグラフを見ても分かるのですが、ここ15年間の間にサラリーマンの平均年収は
60万円近くも下がってしまっています。

平均が60万円も下がるというのは異常ですよね、、、

全体の平均年収が下がってしまっているということは同時に、
年功序列が多い日本でも、年齢を重ねたとしても対して年収が上がらなくなったということなのです。

生涯賃金の差

世代別生涯賃金というものがあったので見ていきますと、

団塊世代:3億9700万円

バブル世代:3億3000万円

就職氷河期世代:たった2億1000万円

これだけ差が生まれているのです。

団塊と就職氷河期を比べるとその差はおよそ2億円、、、

言ってしまうと生涯賃金の2倍辺りの金額を団塊の人達は稼いでいたというのです。

初任給は高くなった!なんて言われていますが何のメリットもないということでね。

まとめ

大卒の初任給はわずかながら上昇はしている。
しかし初任給が上がっただけであり給料が上がったわけではない。

生涯賃金を比べてしまうと、団塊世代はおよそ4億であり就職氷河期は2億
その差は2倍もある。

今後の事を考える

今後は日本の景気も回復する兆しはないので平均年収はより低下していくと考えられます。
それに加えて額面上の年収が下がるだけではなく、高齢化によって社会保障費も上昇し
手取り換算したらより一層減ってしまうと考えられます。

こうした状況かなのでいつまでも年収が上がらない会社のみに依存していると、
後々は必ず経済してき不安が待ち受けている可能性はやってくるでしょう。

そのため、今後はしっかりと経済的に安定を求めるのであれば会社以外にも収入源を
得ていく必要性が高まってくると思っています。

現在私は、そういった社会の先を見越して行動したいと思っている人向けにメルマガを
配信しています。

詳しくは下の画像をクリックしてください。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類