ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

宝くじにかかる税金、住民税がかかるってホント!?共同購入に潜む罠とは?

   

皆さんは今までに宝くじに当たったことがある人はいるでしょうか?

一等や二等、三等などの高額当選をしたことがあるという人は稀だと思いますが1万円や10万円くらいならあたったことがある人はいるのではないでしょうか?

もちろん買うときは皆一等を当てる気で宝くじ売り場に行くと思うのですが、いざ一等は外れても1万円だけでも当たったとしたらとても嬉しいですよね。ましてや10万円なんて当たったものなら私なら飛び跳ねて喜んでしまいます。

しかし一つ不安になるのは宝くじの税金の話です、、、そこで今回は宝くじにかかる税金の藩士をしていこうと思います。

宝くじの気になる税金について

宝くじは日本の場合6億円や3億円などの高額当選した場合でも所得税はかからないことは広く一般的に広まっているのですが、住民税はかかると思っている人たちはまだいるそうなのです。

結論から言いますと宝くじの場合は、

所得税だけでなく住民税もかかりません!

宝くじの賞金に所得税がはじめからつかないということは当然住民税もかかってこないということなのです。住民税というのは前年の所得税によって決まりますからね!

税金について勉強したことがある人ならすぐにわかると思うのですが、税金関連に縁がない人は普通そんなこと調べませんしわからないですよね(笑)

しかし何故アメリカなどの宝くじは多額の税金がかかっているのに日本はかからないのかその理由を見ていきましょう。

どうして日本では宝くじに税金がかからないのか?

それは日本の法律である「当せん金付証票法」というものがあるからなのです。

この法律は購入資金の40%が地方公共団体の公共事業財源となる理由で宝くじに所得税はかからないと定められているのです。

例えば私達が300円の宝くじを10枚買ったとするとその購入した時点で40%の税金がかかっていることになるので実質1200円収めていることになっているのです。

たとえ一等の6億円に税金がかからなかったとしても一回の宝くじで当たる数は1か2枚程度、しかしその当たりくじを手に入れるために何万人という人たちが物凄い枚数の宝くじを買っているためものすごい金額の税金が入っているのです。

宝くじは所得税はかからないが、贈与税は普通にかかる

贈与税とは110万円以上のお金をもらった人は翌年に申告してその分の税金を納めるというものです。

例えば自分が宝くじ一等が当たったとしてお母さんに1億円あげようと思って渡すと贈与税が発生してその分の税金を支払わなくてはいけないということです。

そのため共同購入した宝くじが当選してしまい代表者が当選金を受け取ったあとに共同購入したメンバーに分配しようものならその分の贈与税がかかることになります。

そのため共同購入する場合は注意が必要ということですね!

もし共同購入して当選した場合は、銀行でお金を受け取る際に分配したい人全員の名義で受け取れば贈与税は発生しないで当選金を分配できるのでその方法を行いましょう。

日本の今後と宝くじを考える

私の記事を読んだ人は、「宝くじ一等当たれば6億丸々丸儲けで大金持ち確定じゃん!!」と考えた人もきっといるかと思いますがよ~く考えてみてください、、、

宝くじ一等なんて当たるわけ無いですよね。

前に宝くじ一等が当たる確率を分かりやすく説明した例えを見たのですが、60キログラムの米俵にひと粒だけ金色の米粒を入れてその米粒を引き当てる位の確率と言っていました。

正確な数字に直すと1000万分の1、、、普通では宝くじなど当たるわけないのです。

そして宝くじという夢物語から現実に戻ると、少子高齢化、消費税が10%になる、増税、高所得者と低所得者による格差などお先が真っ暗になるような暗い話題ばかりです。
関連記事:サラリーマンの平均年収(2015年)に隠された驚きの真実とは!?

安倍政権による効果でここ最近は給料が上がっているというニュースも報道されていますが、実際あなたは上がりましたか?

日本の社会はこれから先明るい未来よりも暗い未来が訪れるという可能性は非常に高く国民の生活はこれまで以上に苦しくなっていくということが安易に予想出来てしまうのです。

給料がちょびっとしか上がらないのに消費税は倍になる、税金は増える、、、こんな苦しい生活が待ち受けているのは明白であり今のうちから少しでも経済的に安定させておくには新たな収入源を考えて作る必要性がこれまで以上に高まっているのです。

私は現在、そのような社会の先を見越して行動を起こそうと思っている人向けにメルマガを配信しています。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類