ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

アベノミクスとは何か子供にもわかりやすく解説!失敗してしまった原因とは??

   

こんにちは、ユーマです。

2012年の年末からニュースで聞かない日は無いくらい毎回話題に取り上げられる、

アベノミクス

というキーワード。

そこで今回はアベノミクスとは何なのかを子供でもわかりやすいくらい簡単に説明していこうと思います。

アベノミクスとは??

まず初めにアベノミクスの概要を説明してしまいますと。

・2012年12月26日に安倍内閣において、安倍首相が表明した3本の矢を柱としている経済政策のことです。

3本の矢とは??

3本の矢とは何なのかといいますと、

一本目「大胆な金融政策」

二本目「機動的な財政政策」

三本目「民間投資を換気する成長戦略」

となっております。

大胆な金融政策

まず初めの一本目の経済政策ですが、こちらはお金を増やそうということです。

どうしようかといいますと、

日銀が民間の銀行を通じて、これまで以上に多くのお金を出回らせることによって会社や国民が銀行からお金を借りやすくする。

そうすることで企業はこれまで以上に工場だったり、人件費にお金を回すことが出来る様になる。

【その結果】
株価が上がり、円安が進み、景気が回復してデフレからの脱却をする。

というのが安倍首相が考えたアベノミクス三本の矢の一つだそうです。

機動的な財政政策

二つ目は機動的な財政政策です。

こちらは公共事業にお金を投入するということです。

東日本大震災の復興促進や、その教訓を得て防災対策、老朽化した橋や道路、学校などの耐震補強や修復、再建築をします。

【その結果】
これまで以上に雇用者を増やすことが出来景気を良くすることが出来る。

という考えです。

民間投資を喚起する成長戦略

最後は、経済を発展させる戦略です。

こちらはこれから大きく成長しそうな企業に政府が色々な支援をして行き育てていこうという考えです。

企業がいい方向に傾けばそれは日本の利益でもありますし、雇用も増えるので結果的に日本の景気を良くする方向に向かっていくのです。

 
アベノミクスというものはこの3本の矢と言われている経済政策の総称ということですね。

どれも日本にとって良さそうなものばかりですが、実際は対して効果が出ているようには見えませんね、、、

アベノミクス失敗の原因は何なのか??

アベノミクスが始まってもう3年以上の月日が経ちましたが、現在アベノミクスは失敗したと言われています。

ではその原因は何だったのでしょうか?

その理由は色々言われているのですが、

国民よりも企業のことしか考えていない!!

と言う点だと言われています。

3本の矢の説明を呼んでいて薄々思っていた人もいるかもしれませんが、ぶっちゃけ企業のことばかりですよね!

銀行からお金を借りやすくる一本目の矢も企業にはとてもありがたい話なのでしょうが、我々個人にとって見れば借りやすくなったからといって借りることなど殆ど無いでしょう。

二本目の矢も結局は結局建築業などの企業のための政策に見えます。

最後に関してみればもろ企業しか特はないのです。

その結果、雇用や景気を良くすると謳ってはいますが、実際アベノミクス実行後も景気や雇用は始める前と対して変わっていません。

3年以上もアベノミクスをしたにもかかわらずこの結果では失敗したとしか思えないですね。

 

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類