ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

マイナス金利政策とは何なのかをわかりやすく解説して行きます

   

こんにちは、ユーマです。

皆さんはマイナス金利政策という言葉をニュースやサイトなどで聞いたことはあるでしょうか?

2016年に金融政策決定会合にてこの「マイナス金利政策」の導入が決めまれたのですが、いまいちどのような政策なのかわかりませんよね。

そこで今回はこの「マイナス金利政策」についてわかりやすく出来る限り簡単に説明していきたいと思います。

マイナス金利とは一体何なのか??

マイナス金利を簡単に言ってしまいますと、

・銀行にお金を預けると、その分の利息が取られる

ということになります。

普通これまでは銀行にお金を預けると利子が貰えていたのに対して、このマイナス金利政策は利息を払わなくてはいけないという政策なのです!!

簡単な例を挙げるとしますと、100万円預けて500円利息を貰えていたが、逆に500円支払うことになるということですね!

「じゃあもう銀行になんてお金を預けられない!!」

と思うひとが多いでしょうが、安心してください。

このマイナス金利政策は市中銀行と日本銀行の間の話だけであり、一般預金者にマイナス金利で口座にあずけているお金が減るということはありません。

なのでこれまでと同様に銀行に預けても何も問題ないのでその点は安心してくださいね。

マイナス金利政策をする目的とは??

「銀行に預けるとお金が減っちゃうの???、、、」と国民を不安にさせるようなこのマイナス金利政策ですが、どのような目的があるのでしょうか??

その目的とは、物価上昇を期待しているのがマイナス金利政策の目的と言われています。

どのようなことなのかといいますと、

・マイナス金利政策をすれば市中銀行は日本銀行に預け入れしたくありません。貸すだけ業績が悪化してしまいますので。

・ですが、市中銀行も業績が悪化するのを防ぐには、企業や株式市場への投資を行い様になります。

・こうすることで物価上昇を期待しているのがマイナス金利政策の目的だといえます。

マイナス金利政策のメリット、デメリットとは

マイナス金利政策後は、個人の住宅ローンや車のローンなどのローンの金利額が下がる可能性が高いと言われています。

その理由は、前まで日銀に貸し与えて分の利息が無くなってしまうので、他でその分の利息を出す必要が出てきます。

その結果としては低金利にしてでも貸し与えて少しばかりでもいいので利益を出す必要が出てくるからです。

利息が高い場所よりも、低い場所を選びますものね!

私達国民にとってはマイナス金利政策のメリットはこの辺りでしょう。
逆にデメリットは何があるかといいますと、銀行に預ける利子がさらにすくなくなってしまうことでしょう。

ですが、マイナス金利政策が始まる前も銀行の利子なんて全くないに等しいようなものなのであまりデメリットと言えるほどのことではないかもしれませんね。

 

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類