ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

ブラック企業のランキング2015のノミネート企業を発表!!セブンイレブンなどの有名企業もノミネート!?

   

ここ数年間でネットスラングとして使用されていたブラック企業という言葉は、テレビニュースや新聞、雑誌だけでなく企業説明会や大学の講習などでも数多くの場所で使用されるようになり大出世したこのブラック企業という言葉。

ネットだけではなく世間一般でも広まったことも有り数年前から民間ではブラック企業ランキングなるものが作成されるようになりました。

今もなお増え続けているブラック企業

長時間労働、サービス残業、休日出勤、過労死、うつ病、不当解雇、首切り、パワハラ、マタハラ、セクハラ、モラハラ、などブラック企業の定義は正確なものが惹かれているわけではないのですが大体このような事が平気で行われている会社のことを俗にいうブラック企業と呼ばれています。

パッと思いついたものを述べてみましたが、どれもかしこも自分の職場で行われていたらゾッとするようなことばかりですよね、、、

現在の日本の企業は420万社位あると言われているようですがなんと日本ではその7割以上がブラック企業の定義を満たしてしまうともいわれているのです!

現在ではかなりの社会問題として取り上げられるようにまでなってしまったブラック企業ですが、そんな中ブラック企業大賞企画委員会なるものが存在して毎年ブラック企業ランキングを発表しているんだとか。

2015年ブラック企業ノミネート企業

2015年の10月27日にブラック企業大賞企画委員会が2015年のノミネート企業を発表しました。ノミネートということは候補のようなものですね

それではノミネート企業一覧をご覧ください!

①株式会社セブン-イレブン・ジャパン

②暁産業株式会社

③株式会社エービーシー・マート

④株式会社フジオフードシステム

⑤株式会社明光ネットワークジャパン

⑥株式会社引越社関東

以上の企業がノミネートされました。

それでは次に何故この企業がノミネートされたのかブラック企業大賞委員会の理由を上から見ていってみましょう。

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

セブン-イレブンは数多くの学生バイトを雇っているが、バイトであるにもかかわらず正社員並みの仕事をさせていた。

またそれだけではなく、学生バイトの本業である学生生活にも支障をきたすほどのシフトと低待遇で使役している「ブラックバイト」が社会問題化までしています。

ブラックバイトが蔓延した理由として、本部が加盟店主らから過酷な搾取を行いそのしわ寄せがバイトに及んだ結果ブラックバイトが数多く増えていることも有りノミネート。

暁産業株式会社

この企業は従業員数が男性33名、女性11名の合計44名の比較的小さな企業。

2010年の12月に同社で働いていた19歳の男性写真が自宅で首吊りをおこない亡くなっている。

その男性社員は高校時代からアルバイトとして暁産業で働いていて卒業してそのまま入社したのだが、彼の入社後の上司から

「やめればいい」

「相手するだけ時間の無駄だ」

「この世から消えてしまえ」

などの暴言を吐かれていることがその後判明してしまい、典型的なパワハラ企業というレッテルが貼られました。

パワハラの陰湿な内容な、結果自殺にまで追いやってしまったこともありブラック企業に今回ノミネート

 株式会社フジオフードシステム

大阪や京都を中心に飲食店や居酒屋を経営している企業がフジオフードシステムです。

ブラック企業ノミネートとしての理由は、今年8月に店舗の店長などの計16名が労働局により書類送検されたことから始まりました。

その報道内容は従業員19名に対して月に54時間から133時間までもの間時間外労働をさせたにも関わらず割増賃金を払っていなかったというものです。

また2人の作業員に関しては残業代も未払いだったとされます。

違法な時間外労働とサービス残業をさせていたことが公になったことからノミネート。

株式会社エービーシー・マート

かの有名なエービーシー・マートですがこちらも従業員に月97時間から112時間の残業をさせたことにより、労働基準法違反の疑いで書類送検されたのが公になり話題となりました。

この書類送検される前から労働局はエービーシー・マートに繰り返し是正指導をしていたようなのですが改善が見られなかったそうです。

また各報道誌によると、現場は典型的な人手不足であり従業員の働く時間や仕事内容は増える一方だそうです。

このような酷い職場環境からブラック企業にノミネートされました。

株式会社明光ネットワークジャパン

個別指導で有名な明光義塾の明光ネットワークジャパンです。

こちらは講師のアルバイトに給料が振り込まれないとう問題が多発していることからブラック企業にノミネートされました。

個別指導塾では最大手の明光がこれでは他の塾もあやしいですね、、、

株式会社引越社関東

アリさんマークの引越社で有名な株式会社引越社関東

同社従業員であり元営業職で働いていたAさんはシュレッダー係に配転したのですが、そこで問題は起きました。

2015年8月に何故か突如としてAさんは懲戒解雇を言い渡され、その懲戒解雇理由を「罪状」などとしてAさんの顔写真入りのポスターを制作、それを株式会社引越社関東グループ内の全国の店舗に掲示したというのです!!

まるで小学生がやるようないじめですね、、、これが大人の社会でも行われていると思うとなんだか先が思いやられます。

何のために働くのか??

以上が2015年のブラック企業大賞委員会が発表したノミネートブラック企業でしたが、どれもかしこも酷い内容ばかりでしたね。

労働時間外の違法労働は愚か、サービス残業は当たり前。

さらには学生バイトにまで長い間サビ残をさせたり、給料を払わないバイトまである始末です。
日本人は自分の意見よりも他人の意見に賛成する人が非常に多くいます。そのため世の中の流れにそのまま流されてしまう傾向は多いのですが、現在の社会ではその日本人の心を利用して骨の髄までしゃぶりつくし利用している企業があまりにも多いのです。

人は何のために働くのか??、、、それはもちろんお金です。

そんなことは当たり前のことなのですが、日本では優しい人が多いため企業の言いなりになり低賃金で心身ともにボロボロにされてしまう人がたくさんいるのが現状になっています。

さらに今後の日本社会は働き手の不足や超高齢化社会などの数多くの問題もあることからより一層ブラック企業が増えていくことが予想されてしまうのです。

なので今後しっかりと経済面で安定を求めていくのであれば会社以外でも収入源を増やす必要が高まってくると思われます。

今現在私はそういった日本の社会の先を見越して行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類