ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

東芝のリストラ対象とされてしまう人達の末路とは??

   

こんにちは、ユーマです。

話題に話題を呼んでいる日本の大企業であり家電メーカー大手8社のうちの一角東芝。

そんな東芝が2016年の4月頃を目処に大規模なリストラを行うことを発表しました。

東芝のリストラ人数は??

7年間にも及ぶ不正会計問題、5500億円もの赤字転落、営業損益は3400億

同じく大手電機メーカーSHARPと並んで危機的状況に追いやられている東芝ですが、なんとか業績不振を取り払うために12月21日に大規模なリストラを行うことを発表しました。
【関連記事】
シャープがまさかの倒産秒読み段階へ!!2016年長い歴史に終止符が打たれる!?

その規模はというと、、、

リストラ対象人数7800人!!

家電部門や本社の管理部門などから募集や再配置転換などを行っていき人員削減を行なっていくそうです。

それにしても7800人ってすごい人数ですよね!

これだけの従業員を減らすことが出来れば相当人件費の面を考えると経費削減の効果が期待でそうです。

リストラの対象となっている家電部門、別名「ライフスタイル部門」ですがこちらは平成27年度の3月期には1097億円もの営業損失を叩きだしており、東芝にとってとても大きな損失を出してしまっています。

損失をだしているところから人員整理をしていくのは仕方のない事です。

ライフスタイル部門には現在2万4千人今日の従業員がいると言われているので、今回のリストラ政策は東芝の本気具合が伺えますね!

リストラにあった人はどうなるのか??

リストラ対象者となる7800人ですが、これまで一流企業であり日本の中だけでなく世界でも有名な企業東芝で働いていたということもあり他の企業に就職できたとしても中々これまでのような幸せな生活をおくるのは難しくなりそうですね。

運良く他の有名な企業に就職できれば、若干給料が落ちるにしてもそれほど問題では無いことなのですが、中々就職先が見つからず誰もしらないようなブラック企業に就職してしまったらおそらくその人は1年以内に仕事をやめてしまいそうです。

人間生活レベルを上げることは簡単に適応しますが、生活のレベルを下げるとなると話は違ってきてしまいます。

例えば宝くじで一等を当てたとしても最終的には自己破産なんて話よく聞きますよね。

日本なんかでは多くても6億円くらいなので、金銭感覚がおかしくなったとしても戻ることは可能でしょうが、アメリカやドバイなどの超高額当選するような国の宝くじでは間違いなく人生が狂ってしまいます。

それほどまで生活のレベルを急激に変えるのは危険なのです!

おそらく会社側の理由であるリストラの場合それなりの金額を貰い退職することが出来るでしょう。

ですが、その退職金が逆に安心感を与えてズルズル仕事をしない生活になったり、まだ大丈夫などの考えに至ってしまう場合もあります。

リストラは人世を大きく変える事もできますがそれと同時に何もかもがぼろぼろになる可能性もあるということですね!

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類