ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

ストレスチェックが厚生労働省によりまさかの義務化!?そのプログラム内容とは

   

こんにちは、ユーマです。

日本といえばストレス大国と言われているほどストレスが溜まっている人が多いらしく、世の中には何を考えているのか分からない人が沢山居ますよね!

元からの性格という人もいるでしょうが、ストレスによりおかしくなってしまう人も少なくないのが現状なのです。

そんな国の問題点の一つでもあるストレスですが、なんと2015年の12月から企業を中心としてストレスチェックなるものを実施することを厚生労働省が義務付けたというのです!?!

まさかの義務付けで驚きを隠せないのですが、一体そのストレスチェックとはどのようなプログラム内容であるのかを見ていくことにします。

厚生労働省のストレスチェックとは

それでは謎のベールに包まれている厚生労働省のストレスチェックについて見ていきたいと思います。

いつから実施??

このストレスチェックが実施されるのは2015年の12月からだと言われています。

この記事を書いた時は12月でしたが、Yahooニュースやテレビのニュースでは全然取り上げられていない状況ですね(笑)

内容

・一年間に一回、従業員が50名以上いる事業場に対してストレスチェックの義務付けをする。

・ストレスチェックの結果は労働者に報告されて、労働者が医者との面談を希望した場合は医者による面接指導が実施される。

診断結果によっては医師と面談も出来るのですね!

自分一人では絶対に行かないような人でも、このように企業側が強制的にやらせるのであればやらざる負えないので丁度いいかもしれませんね!

ストレスチェック診断の内容

では、どんなストレスチェックを受けることになるのかを見ていきましょう。

ストレスチェック診断

それは上のリンクから実際に受けることができるので皆さんも是非チャレンジしてみてください。

選択数もそれほど多くないので3分ぐらいで出来てしまいます。

ちなみに私も実際に受けてみましたが、「高ストレス状態:非該当」という結果となりましたw

まあ、学生でありバイトなどはしていないのでストレスはないのは当たり前なのかもしれませんが。

ストレスチェック法案の課題

これまでは、ストレスチェックの内容を見てきました。

では次に課題となるようなことを見ていきたいと思います。

面談をする医師を確保できるのか?

義務化されるということは面談をする医師が足りなくなることが予想できます。

従業員の面談希望日と医師の開いている時間が中々合わないで、実際に面談できるのは遅くなる可能性もありますね。

ちゃんとチェックを受けるのか?

ストレスチェックが義務化されたと言っても、事業者に実施義務があるだけで、従業員は絶対ストレスチェック診断を受けるということではありません。

従業員は受診義務は科せられていないということです。

ストレスチェックを受ける人を増やすためには社内での実施の促進などをする必要がありそうです。

まとめ

今回はストレスチェックの義務化について書いていきました。

従業員にストレスを与える会社が、ストレスチェックを実施して、ストレスの具合を把握しケアするなんてなんだかおかしな話ですが、今のストレス大国日本にはぴったりなのかもしれませんね。

また、ブラック企業なんかはストレスチェックなんてしたら全員が「高ストレス状態:該当」と表示されてしまい大変な結果にないそうなので、受けさせないかもしれませんね。

実施義務はあったとしても、受診義務は一切ないので何も問題ありませんし、、、

ストレス大国でストレスを無くすなんて不可能なのかもしれませんね。

ストレス無く生きていくには

ストレスをためないで生きていく方法は現在の日本では非常に少ないです。

会社に入ってしまえばストレス無く生きていくなんて非常に難しい話ですし、ブラック企業も数多く存在しているのでなおさら難しいです。

ストレスを多く抱えてしまうと、心にも余裕がなくなるだけでなく、精神状態が悪くなってうつ病になってしまったり、異常なまでに疲れて寿命が縮んでいる感覚も有ります。

ストレスは百害あって一利なしなのです!

ではどうやったらストレス無く行きていけるかといいますと、やはりお金が多いとストレスは感じづらくなっていきます。

想像してみてください、、、もしあなたが家にいながら月50万円近くも稼げるようになったらそこにストレスはあるでしょうか?

うざい上司も居ない、家から出なくても月50万円、好きな時間に寝て好きな時間に起きる、作業している時はテレビもジュースも音楽もなんでも一緒にOK

ですが、社会ではそんなことは絶対に不可能です、、、上司がいないわけはないのですから(笑)

ですが、あるビジネスモデルを使用すればこの生活は実現できます。

それはネットビジネスと言われるものです

このいかに胡散臭いネットビジネスというものですが、私が思いつく限りのメリットデメリットをご紹介していこうと思います。

メリット

・月にベテランサラリーマン並の月収を稼ぐことが出来る

・パソコン一台あればスタバだろうが家だろうが図書館だろうがどこでも出来る

・1万円以内で始めることが出来る。

・パソコンで文字が打てるなら小学生でも月10万以上は余裕。

・会社勤めの人でも一日1時間ネットビジネスに使えるなら月10万くらいのお小遣いを稼ぐことも可能

デメリット

・ネットビジネスと聞くとどうしても拒否反応が出て中々やる勇気が出ない

 

以上がメリットとデメリットでした。

デメリットはもうこのくらいしか思いつきません!

ネットビジネスという怪しげな言葉で踏み出す勇気を持つ人が非常に少ないため稼げないと思われがちですが、きちんとしたノウハウを学んで実践していけば本当に小学生でも月10万円を稼ぐ事は可能なのです。

それほどまでに一本道でやることは決められているということです。

私は現在このように社会以外で収入源を得てストレスない自由な生き方を目指している人向けにメルマガを配信しています。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類