ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

芥川賞受賞作品「火花」の印税は一体いくら入ったのか??

   

こんにちは、ユーマです。

ことしの芥川賞は大いにメディアを盛り上げましたよね!

なんといっても人気のお笑い芸能人「ピース」の又吉が芸能人では初となる芥川賞を受賞するという快挙を成し遂げ、今では一躍時の人となっています。

そんなピース又吉が書いた受賞作品「火花」ですが、その発行部数は異例とも言えれ100万部を突破して現在も売れ域を伸ばしているようです。

今回はその火花の経済効果や、又吉に直接入ってくる印税は一体いくらなのかを中心に書いていこうと思います。

火花がもたらす経済効果

芸能人が芥川賞を受賞したということで話題性が物凄く有り、売れいき好調な「火花」ですがその経済効果はなんと105億1322万円になると試算されています。

この数字を発表したのは関西大学の名誉教授である宮本勝浩。

売れ域が絶好調のためこのような大きな数字となっているようですが、来年には火花の連続ドラマがインターネット動画サイトで配信が決定しているなど、まだまだ数字を伸ばしていくと考えているようです。

ドラマ化も既に決定している火花、これはもしかすると芸能人から歴史的な快挙が生まれるかもしれませんね!

又吉に入ってくる火花の印税はいくら??

経済効果100億円のコンテンツを生み出した又吉ですが、気になるのはそんな彼に入ってくる印税の金額ですよね!!

これほどまでに発行部数が好調でドラマ化も決まっているとなると相当凄いはず!!

普通小説などの院宣はおよそ「10%」程度であると言われております。

そしてこの火花の価格は1200円+税

単純に計算をすると一冊売れるたびに又吉には120円が入ってくる計算となります。

そこから単純に120×100万をすると、1億2千万円の印税収入が入ってくることとなりますね。

1億2千万円、、、金額は物凄く多い!!と思うのですが、経済効果100億あると考えるとなんだか少なく感じてしまいますね←

ですが、一発当てただけでこれほどまでの金額がいきなり入ってくると考えますと震えが止まらなくなりそうですね。

1億2千万円は確定しているが、、、

火花が100万部は売れているので又吉に1億2千万円印税として入っているのは確定しています。

ですが、現状ではドラマや映画、などのコンテンツが広がっていくと予想できるのでまだまだ印税収入を増やしていくことは出来ると考えられています。

マンガや小説なんかは、一度大きな話題性を呼ぶと飛ぶように売れて印税が増えるだけではなくアニメ化やドラマ化、映画化などに派生したり続編を考えたりなどをすることによってさらに印税を伸ばすことが出来るのです。

マンガや作家は一発大成功を納めれば相当安泰の生活をおくることが出来そうな職業ですね。

まとめ

今回は火花の印税に関して書いてきました。

まとめますと、

・ピース又吉の火花の経済効果は105億1322万円を上回る

・火花の売上による印税収入は1億2千万円を超える

・まだまだこれからコンテンツが広がっていくので印税は増える

人生一発逆転を狙うのであれば小説を書いてみるのも方法の一つなのかもしれませんね。

ですが、やはりここまで売れる作家はほとんどいません、今回は芸能人であるということが話題性を呼び100万部という驚愕の売上を叩き出しました。

ですが、現状日本の出版業界では10万部売り上げればトップクラスと言われているくらいであり今回が異例中の異例と言えるのです。

やはり才能と運が大事な業界なのかもしれませんね、、、このような夢を追って小説を書くのもいいかもしれませんが、おそらく売れる確率は殆ど無いでしょう。

無駄な努力で終わってしまう場合が大半だと思います。

そんな売れて大儲けしたいと考えている人に私から一つ提案があります!

それが現在私が行なっているネットビジネスです。

こちらのネットビジネスだったら才能も運も必要なくそれなりの金額をコンスタントに稼いでいくことが可能となっています。(1億とかは無理ですがw)

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類