ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

フランチャイズ加盟によるメリットとデメリットを徹底解説!!

   

こんにちは、ユーマです。

皆さんは一度はフランチャイズという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

テレビニュースや新聞、ネットニュースなどで頻繁に目にするこのフランチャイズという言葉ですが、一体どういう意味なのかよく分かっていない人が多いのが現状です。

そこで今回はフランチャイズについての説明と、そのメリットデメリットを詳しく徹底解説していこうと思います!

フランチャイズとは一体何なのか??

では早速フランチャイズとは一体どういう意味の言葉なのかを見ていきましょう。

・フランチャイズとは人や社会に特権を与えるという意味があるようで、フランチャイズビジネスに関しての意味で言うと、特権を与えるものを『フランチャイザー』特権を与えられるもを『フランチャイジー』と言います。、、、

なんか分かりにくい説明となってしまったので、フランチャイズの代名詞とも言えるコンビニを例にあげて説明していこうと思います。

まずはこちらの画像を御覧ください

36

こちらはフランチャイズの仕組みを図解で表している最も簡単な例です。

先ほどの言葉で関連付けをさせますと、FC本部が『フランチャイザー』であり加盟店が『フランチャイジー』ということになります。

そしてフランチャイザーはこのフランチャイジーに看板やレシピ、更には儲けるためのノウハウを渡し、フランチャイジーはその対価としてロイヤリティーを払うという仕組みですね。

FC本部はロイヤリテーでがっぼり儲けて、加盟店は経費やロイヤリティーを差し引いた売上が自分たちの給料になるということです。

これがフランチャイズという仕組みです。

フランチャイズの種類

先程はコンビニでフランチャイズの紹介をしましたが、コンビニだけに限ったことではありません。

例えば、マクドナルドやモスバーガーなどのファーストフード店もフランチャイズ契約を結んでいます。

更には居酒屋チェーンやHottoMottoなどの弁当屋、ソフトバンクなどの携帯ショップなんかもフランチャイズ契約だそうです。

街のいたるところで見かけるチェーン店は大半がフランチャイズだということですね!

フランチャイズのメリットとは

これまではフランチャイズとはということで意味を説明してきました。

では次からはメリットについて話をしていこうと思います!

フランチャイズのメリットとしては以下のことが上げられます。

・フランチャイズの本部から既に成功例がある経営ノウハウなどを教えてもらえる。

・ネームバリューが既に広く知れ渡っている

・事業経験がない場合でも、本部の指導を受けることが出来る

・個人経営と比較をすると比較的に安く開業することが出来る

・商品やサービスに悩むこと無く安定して販売することが出来る

などが上げられますね。

コンビニ(セブンイレブン)でフランチャイズ契約する場合を例にすると、

もう既にセブンイレブンという地名度は日本だけではなく世界レベルで有名ですので苦労して宣伝しなくても客は寄ってきます。

また、日本のそこら中にセブンイレブンは存在していて日本だけでの店舗数は15000店舗あると言われています。

それだけ店舗数があれば上質なノウハウが沢山ありそれを惜しげも無く教えてもらい初めから完璧な状態で経営に専念できるのもフランチャイズの良いところだといえますね。

また、そのフランチャイズの武器となる人気商品がおそらくあると思うのでそれも売れ筋商品にすることは可能です。

セブンイレブンの場合だったら、レジの隣にある淹れたてコーヒーやセブンプレミアム商品

ローソンだったらからあげクンやLチキ、ミニストップだったらハロハロ

などなどそのような人気商品を置けるためかなり売上を上げることができるそうです。

最高のネームバリュー、上質なノウハウ、元々人気のある商品。バックがある安心感

これらがフランチャイズのメリットであるといえますね。

フランチャイズのデメリット

ではお次にデメリットについて見ていきたいと思います。

フランチャイズのデメリットは以下の事が挙げられます。

・フランチャイザーの規則に順守しなくてはいけない

・他のフランチャイズ加盟店などで何かしらの問題が発生すると自分の店も影響を受ける場合がある。(マクドナルドのナゲット問題やポテト異物混入事件など)

・フランチャイザー自体の経営が悪化してしまうと、フランチャイジーの経営も弱体化する

・場所によっては加盟金やロイヤリティーが高額

などがあります。

フランチャイズはノウハウやブランドバリューを速攻で得ることと大小にフランチャイザーに対価のロイヤリティーや加盟店を支払わなくてはいけませんね。

当たり前なのですが、これがかなり厳しいところが多く売上をかなり持って行かれてしまうケースも多いようです。

またチェーン内で問題が起きてしまうと自分の店も売上が落ちるなんてこともあります。

例を出してみますと、マクドナルドのナゲット事件やポテト異物混入事件などがありマクドナルド全体の売上は落ちました。

このように自分の店は問題を起こしていなかったとしても元が問題を起こしたり他の店が問題を引き起こしてしまうと自分の店にまで影響が出るのはかなりの問題点と言っても過言ではないですね。

まとめ

では今回の内容をかるくまとめていきます。

フランチャイズとは、本部のフランチャイザーが加盟店のフランチャイジーに店舗名やノウハウを提供する代わりにロイヤリティーという対価を支払う事業契約です。

このフランチャイズのメリットは

・フランチャイズの本部から既に成功例がある経営ノウハウなどを教えてもらえる。

・ネームバリューが既に広く知れ渡っている

・事業経験がない場合でも、本部の指導を受けることが出来る

・個人経営と比較をすると比較的に安く開業することが出来る

・商品やサービスに悩むこと無く安定して販売することが出来る
デメリットは

・フランチャイザーの規則に順守しなくてはいけない

・他のフランチャイズ加盟店などで何かしらの問題が発生すると自分の店も影響を受ける場合がある。(マクドナルドのナゲット問題やポテト異物混入事件など)

・フランチャイザー自体の経営が悪化してしまうと、フランチャイジーの経営も弱体化する

・場所によっては加盟金やロイヤリティーが高額

となっています。

フランチャイズを利用して手っ取り早く始めたいのであればこちらが有利です。

逆にフランチャイズを利用しないのは初めはものすごく大変でしょうが、軌道に乗ればロイヤリティーなども払わなくて済むので地道にコツコツ頑張れる人はこっちのほうがいいのかもしれませんね。

しかしネームバリューというはのものすごく重要、、、フランチャイズのほうが私はいい気がします。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類