ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

介護職の衝撃的すぎる平均給与とは??

   

現在の日本は少子高齢化が進んでおり、子供が生まれないが高齢者が増えているという負のスパイラルに陥っています。

こうしてくると日本の中で重要な職業となってくるのは介護職です。

自分の力では生活できないような高齢者や老人ボームでのお世話をするというとても立派な仕事であり日本には絶対になくてはいけない仕事なのです!

しかしこの介護職にはとても深すぎる闇が隠れていたのです、、、

今回は介護職をテーマとして書いていきます。

ブラック企業も震え上がる介護職とは

介護職というと需要も物凄い沢山あり、仕事内容もかなりハードなのでそれなりの給料や待遇があるのかとおもいきや全く違います。

まず初めに介護職員の平均的な給料はどのくらいなのかを見ていきましょう。

こちらの画像を御覧ください。

19

こちらの画像は介護職の施設別平均給料を表したグラフとなっております。

そして一番左側に書いてあるのが全体の介護職の平均給料です。

・平成21年が241520円

・平成22年が256680円

という結果となっております。

ではこちらの平均給料から年収計算をしてみますと、

・平成21年度 241520円×12ヶ月=2898240円

・平成22年度 256680円×12ヶ月=3080160円

という結果が出たのです。

物凄い単純計算なのですが平均年収はおよそ300万円だということが分かりました、、、

平均年収300万円、これは一年目ではなくて全体の年収ということなので相当低いことがわかりますね。

3Kならぬ4Kを実現している??

皆さんは3Kという言葉を聞いた事があるでしょうか?

・きつい

・きたない

・危険

この三つが含まれている仕事を3Kと呼び非常にキツイ仕事のことを指すのですが、介護職にはもう一つKが含まれます。

それは「給料が安い」です。

きつい、きたない、危険、給料が安い

この四つを見事に含んでいる仕事が介護職なのです。

日本で必要とされている仕事であるのにこの4Kを実現してしまっているのは問題ですよね。

3Kまでなら仕方のないことなのかもしれませんが、四つ目の給料が安いはこれからどうにかしていかないといけない日本の重要な問題のひとつだと思います。

介護職の求人数と離職率はどのくらい??

まずはこちらの求人状態を表示している画像を御覧ください。

20

こちらの画像のグラフですが、赤いグラフが有効求人倍率となっております。

平成20年度は有効求人倍率が2以上と高い数値を記録しているようですが、徐々に下がっていき平成21年度からはおよそ1.2くらいの数値となっておりますね。

有効求人倍率の見方なのですが、数値が1よりも高くなると求職者よりも求人が多いこととなるのですが、どこも求職者が上回るということはないようですね。

平成20年度までは介護職の人手不足で騒がれていることも理解できるのですが、翌年からかなり数値が低くなっているのでそれほど現在は深刻であるということではないのかもしれませんね。

離職率

ではお次に問題の離職率について見ていこうと思います。

こちらの画像を御覧ください。

21

こちらは厚生労働省が発表している資料です。

こちらのデータによりますと、産業全体での離職率は16.4%

介護職員の離職率は17.0%とたった0.6%しか変わらなかったのです。

この結果は物凄く意外でしたね、平均とそれほど変わらないと言っても良いのですから。

その点、最も離職率が多いのは宿泊業、飲食、サービス業の32.1%

やはり仕事の中で物凄いキツイと言われている飲食系がトップに君臨しているようです。

ですが、4Kを実現している介護職員の離職率が平均並ということは「私がやめたら今いる高齢者の人達を世話してくれる人がいなくなるかもしれない」という優しい心から中々辞めることが出来ない人も多いのかもしれませんね。

飲食はやめても自分の代わりは山のようにいるのでそういうことは考えなくてもいいですけど。

今後介護職は給料が上がるのか

思っていたよりも離職率が低かった介護職ですが、今後給料が上がれば良いですよね。

しかし2015年2月19日に日本経済新聞がこのような記事を掲載したのです。

介護スタッフの待遇改善、賃金値上げに限界

・介護職の平均給料は22万円

・政府が2015年度から介護職のスタッフの月の給料を平均1万2千円なげる方針だと発表したが、それでも全産業の平均よりも10万円ほど低い平均賃金

・認知症や恐ろしい老人も相手にしなくてはいけなく非常に大変な仕事内容は全く変わらない。

一応政府は介護職の給料を上げると発表したらしいのですが、それでも月に上がる値段はたった1万2千円であり一年間で14万4千円しか変わりません。

介護職という仕事に誰もが付きたくなるような魅力が付くことはおそらく一生なさそうですね。

 

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類