ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

主婦でありパートとして働いている人必見!!税金に関する怖い話

   

18

こんにちは、ユーマです!

旦那さんの給料だけでは足りずに主婦でありながらもパートやアルバイトをしている女性は現在の日本では多いのではないでしょうか。

ちなみにパートとアルバイトの正確な違いは、
パートがおよそ6時間、アルバイトが短時間の雇用形態であるそうなのですが、主婦の方がバイトすることをパートと呼ばれることが多いですね。

さて、そこでパートをしていると必ず耳にするキーワードがあります。

そのキーワードは「年収103万円の壁」という言葉です。

アルバイトでも言われていることなのですが、この年収103万円の壁を超えてしまうと色々と大変なことになるのですが、詳しく知らない人も多いかと思いますので今回はそちらのことについて書いていこうと思います。

年収103万円の壁とは一体何のことなのか??

「給与所得控除」と言われるものと、「基礎控除」と言われる2つの制度があります。

給与所得控除は65万円、基礎控除は38万円と決まっておりこの2つの金額を足すと103万絵となりますよね。

要するに、パートやバイトはこの2つの金額を足した103万円以下の年収にすれば所得税課税の対象から外れ、逆に年収が103万円以上だと課税対象となってしまうのです。

103万円の壁というのは課税されるかされないかの境界線だということですね!

103万円を超えてしまった場合は

パートやバイトが年収103万円を超えてしまった場合はその超えた金額に対して税金がかかってきてしまいます。

17

このためパートの人は年収が103万絵を超えないように気をつけたほうが良いということですね。

もし頑張って働いたとし年収が104万以上となった場合は103万円きっかりの時よりも少なくなってしまう可能性もあるのです。

年収130万円の壁とは??

年収103万円の壁の説明は終わったのですが、次に「年収130万円の壁」という言葉ができましたw

この年収130万円という境界ですが、コレを超えると以下の支払い義務が発生してきます。

・夫の扶養控除が外れて自分で健康保険を支払わなくてはいけない

・所得税はもちろん、住民税も支払わなくてはいけない

・保険料だけで毎月2万くらいかかるようになってしまう

これでは130万円と129万円のたった一万年の差で天と地ほどの差が出てきてしまうということですね。

家計を助けるために働いたとしても逆に負担を大きくしてしまうこともあるので、主婦の方がパートをする時で毎日沢山働くような人は自分の給料明細をきちんと保管しておき年収がいくら位になるのかを把握しておくことが非常に大事ですね。

 

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類