ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

マイナンバーのメリットとデメリットを徹底解説!!

   

こんにちは、ユーマです!

平成27年の10月からかねてからテレビのニュースなどで報じられていた、

マイナンバー制度が始まりましたよね。

しかし、もう既にマイナンバーを使用した新手の詐欺や茨城県の取手市役所でマイナンバーが記載された住民票が流出するなど問題と欠陥だらけのこの制度、、、

いくらなんでも問題が起こる速度が尋常じゃないほど早く国民の不安はピークに達しているのです。

そこで今回はまだマイナンバーという物がどんなものなのか知らない人も多いかと思いますのでマイナンバーについて書いていこうと思います。

マイナンバー制度とは結局何なのか??

マイナンバーとは一体何なのかといいますと、

・国民一人につきひとつ与えられる12桁の番号。

です。自分の番号、英語の意味のまんまですね。

またマイナンバー通知で送られてくるマイナンバーとは別に、マイナンバーカードというものが存在します。

そのイラスト画像がこちらです。
1

マイナンバーカードはクレジットカードなどと同じくプラスチック製であり
自分のマイナンバー以外にも氏名、住所、生年月日、顔写真、性別などが記載されており公的な身分証明書の役割も果たしてくれるそうです。

免許を持っていない人には便利かもしれませんね。ですが、このマイナンバーカードは申請しなければもらえないのでその点は注意が必要です。

そしてそのマイナンバーを使ったマイナンバー制度なのですが、

社会保険分野、税分野、災害対策分野に限定をして、マイナンバーより前には複数あった個人番号を一元化してマイナンバーに集約するのがマイナンバー制度です。

数多くあった分野を一つにまとめることで効率的に情報管理を出来るようにするのが最大の理由ですね。

マイナンバー制度のメリットとは

ではマイナンバー制度によってどんなメリットが得られるのかを見ていきましょう。

・メリット1市役所などでの事務手続きが今までよりも簡単になる

マインナンバーの導入によってこれまでは行政関連の手続きなどでは、住民票や所得証明書などをわざわざ土日はやっていない市役所に行って準備しなくてはいけなかったのが、マインナンバー制度導入後はマイナンバーだけで済むのです。

これは仕事が忙しく平日に市役所に行けない人なんかにとっては物凄くありがたいメリットかもしれませんね。

・メリット2公正な給付と負担が実施出来る

マインナンバー制度によって行政側は国民の一人の正確な情報を把握することが出来るようになります。

そのため、社会保険や税金に対しての公正な給付と負担が実施されるのです。

・行政で働く人の効率化が出来る

こちらは私たちにはメリットというメリットではないのですが、マイナンバー導入によって管理がしやすくなるために仕事量を大幅にカットすることが出来るのです。

これによって人件費を削減することが出来るため少しは無駄な税金の使われ方が減るかもしれませんね。

マイナンバー制度のデメリットとは

では次にマイナンバー制度のデメリットについて見ていきましょう!

デメリット1個人情報がバレバレになる

こちらのマイナンバーには数多くの個人情報が入っていて、それを行政機関に把握されることとなります。

そのためプライバシーの侵害に当たる恐れがあると言われているのです。

予定では2018年度から預金口座でのマイナンバーの任意登録が開始され、これは将来的には義務化されると言われています。

どういう事かといいますと、口座に入っている自分の残高が行政機関に筒抜けになってしまうということです。

この預金口座のマイナンバー登録は脱税されにくくなるというメリットも有るのですが、ツイッターなどのSNSのせいで個人情報に非常に敏感になっている現在の日本では大きな問題のひとつなのではないでしょうか、、、

デメリット2情報漏洩のリスクが高い

個人情報の塊であるマイナンバー、そのため情報漏洩が起こってしまうとその分これまで以上にリスクは大きくなってしまうようです。

実際既に流出しているため、マイナンバー制度の今後の最大の課題ですね。

まとめ

以上がマイナンバー制度の説明と、メリットデメリットのご紹介でした。

マイナンバーは賛否両論ですが、いいところも悪いところも両方あるということですね。

ただ、なんだか国に何もかもが管理されているようで私は若干マイナンバー好きになれないのですが、脱税に関する強化が出来るということはいいことだと思います。

日本の脱税金額は現在推定10兆円と言われており、およそビルゲイツの総資産並みに存在しています。

ですが、マイナンバー制度がきちんと稼働するようになってくれば脱税していることが直ぐにバレるようになり相当な金額を減らせると期待されているようです。

一件欠陥だらけに見えるマイナンバーですが、始まったのは平成27年の10月とまだまだ日本では始まったばかり!

今後もどんどん改良してもらいセキュリティ面やメリットを増やしていって欲しいですね。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類