ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

脱サラして起業したが失敗した人達の悲惨なその後とは

      2016/11/14

こんにちは、ユーマです。

最近秘かにブームである脱サラごの起業ブーム、

夢や野望があり脱サラするのは大いに有りだと思うのですが、

起業の方法を間違えてしまうと人生のレールから大きくハズレてしまい大変な目にあってしまう事も多いんだとか。

 

そこで今回は脱サラしていざ起業したが失敗し悲惨な人生を歩むこととなった人たちの話を集めてまとめてみました。

脱サラ後に多いその後の進路とは

まず脱サラするということは会社からの収入源が無くなってしまうということなので、

自分の力でお金を稼いで行かなくてはいけません。

 

しかし、自分でお金を稼ぐと行っても殆どの人が思いつかないで有名なアノ進路に走っていきます。

・農業、漁師

・ラーメン屋

・コンビニ経営

この辺りが多いのではないでしょうか?

特に農業なんて年収2500万円稼げる!!などの謳い文句でテレビ番組などでも時々放送されているため狙っている方も多いと思います。

脱サラで農業を行い年収が高い成功者になるには??

ですが、実際のところは年収2500万円まで到達するには長い月日を要するだけでなく会社員以上の体力や仕事量を要求することになるため殆どの人が三日坊主で諦めてしまい脱サラしたことを大いに悔やむよですね。

コンビニ(セブンイレブン)経営の厳しさ

こちらはコンビニ経営をするために脱サラしたという夫婦のお話です。

その人が言うにはセブンイレブンは本当に地獄なんだとか、、、

その人は脱サラ後にセブンイレブンの加盟店になって無事オーナーになることができたんだとか。

ですが現実はそんなに甘くはありませんでした、、、

・セブンイレブンでは売っても売っても利益が出ない

・アルバイトやパートが速攻でバックレる

・発注などが上手く行った試しがない

・発注がうまくいかないから廃棄の量が多い

などなど数多くの問題があり、サラリーマン時代のほうが月収は安定していたそうです。

そのオーナーは夫婦二人でコンビニ経営をはじめたらしいのですが、手取りはおよそ30万円、、、

これでは旦那がサラリーマンをしていた頃のほうがお金はもらっていたということになりますね。

売上が伸びないとアルバイトやパートは雇うことが出来ないし、雇ったとしても忙しいため直ぐにやめてしまう、、、このような負のループに陥ってしまい脱サラしたことを相当後悔したんだとか。
コンビニ経営は自分の技量も必要では有りますが、場所や募集をかけて集まったアルバイトやパートなどによってもかなり売上や忙しさが変化してきますね。

運も大事だということですね。

脱サラしたことを後悔する人とは

ではこれから脱サラした人の考え方を見ていきましょう!

ギャンブル思考

ギャンブル思考とは一発大きく当てたりする考え方を持っている人のことです。

起業して普通のサラリーマンよりも多く給料が入るようになったとします、そこから「俺はこの道に強いんだ」と慢心してしまい、どんどんと利益を出そうとし他の店舗を構えてみたり、副業などのFXや株などに手を出したりしてみます。

そうしますと大抵失敗して脱サラを後悔するようですね。

ちょっとお金が入ると背伸びしようと思うのは分かるのですが、そこをグッとこらえて修行のつもりでじっくりと対策をねって決めたほうが良いですね。

プライドが高い

プライドが高い人は失敗するケースが多いようです。

せっかく起業したんだから、事務所はみすぼらしいものではなくて立派なものを構えよう!

職員を沢山雇おう、なんて考えが専攻してしまい余計なところでかなりの出費をだし破産してしまう人も少なくないんだとか。

事務所なんて小さくても何の問題もありませんし、職員も最低限でいいのです。

先を見越した計画性

こちらは非常に重要であり、起業の大事なファクターの一つでも有ります。

例えば何かしらの商品を販売するとして、「これは売れるかわからないがもしかしたら爆売れするかもしれない」という自分の憶測だけで判断して新たな商品を販売するのは非常に危険であり、一世一代の大勝負のようなものなのです!

ギャンブル思考の人は要注意ですね!

この大博打成功すれば問題はないのですが、万が一失敗してしまうと大赤字を出すことは明白です。

またその赤字分を取り戻そうとしてまたしても無茶な大博打を行い儚く散っていくパターンは現在の日本では多いですね。

そのため、そのような博打は行わずに先を見越して計画をよく考えて行動することが大事です。

我慢強い人には起業は向いているのかもしれませんね。

まとめ

今回は脱サラした後にコンビニ経営を行い大変な目にあっているという話と脱サラ後に失敗しやすい人の考えについて書きました。

ひとついうことが出来るのは、脱サラ後の起業はどれもリスクが非常に高いということですね!

例えばコンビニの場合ですが、最低でも加盟料が255万円、高いところでは307万円などかなりの金額を持っている必要があります。

また加盟料だけではなく、ロイヤリティーと呼ばれるタイプによって、オーナーが土地や建物代などを支払わなくてはいけないケースもあるので、下手したら500万以上は必要になるケースも十分考えられるのです。

おまけに、成功する保証は0

まさに「ハイリスク、ミドルリターン」と言った感じですね。

私はギャンブル思考ではないのでこんな危なかっしいギャンブルのようなこと私は絶対に行いません。

そんなギャンブル思考とは真逆の私が自信を持っておすすめできるビジネスモデルが存在します。

軍資金が一万円程度で始めることも可能な「超ローリスク」きちんとしたノウハウで実践すれば小学校3年生でも月に10万以上稼ぐことの出来る「ハイリターン」、、、

誰もが夢見る「超ローリスク、ハイリターン」を実現しているビジネスモデルが

「ネットビジネス」です!

ネットビジネスと聞くと「胡散臭!!怪しすぎ!!」と思う人がほとんどでしょう。

ここだけの話私もその内の一人でしたからね(笑)

そうなってしまうと小学生でも払えるような一万円という金額を払うのさえバカバカしくなってしまい中々投資するのをためらってしまうケースが多いです。

私も悩みに悩んで一万円投資しましたw

ですが、今ではこのたかだが、一万円が私の人生を大きく変えてくれる大きな一万円だったんだな~と実感することが出来るほど私の人生は変わりました。

私は現在大学生でありながらネットビジネスを活用して月に60万円以上稼いでいる大学生です。

現在私はその方法を使って稼いでいきたい人向けに指導を行っております。
人生を変えるために今すぐ行動したい人は

下から無料メール講座に登録してください

ユーマの無料メール講座に登録して月収66万円稼ぐための教科書を手に入れる

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類