ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

恐るべきブラック企業の定義とは?!悲惨な体験談をまとめました!

   

ネットニュースやテレビのニュースを見ているとブラック企業というキーワードを頻繁に耳にするようになりましたね。

元々ブラック企業とはタダ働き同然で働かしているような企業のことを指していたのですが、

現在では若干捉え方が変わってきているらしく、少しでも労働環境に問題があるとブラック企業では全然無いのにブラック企業と言われてしまうようなこともあるそうです。

では本当のブラック企業とは一体どんなものなのか??そしてブラック企業と言われるようになる明確な定義は一体どのあたりなのかを見ていきましょう!

ブラック企業の定義一覧

ブラック企業の定義は数多く存在しているようですが、一般的に言われている定義をご消化敷いていきます。

労働時間が異常に長い

労働基準法では一日8時間と決められていてそれ以上は残業扱いになるのが普通なのですが、ブラック企業はこの残業代が出ずに8時間より上は実質のタダ働きを強いられるそうです。

残業するだけでも相当きついのに、その残業が全くお金にならないなんてやってられません。

ちなみに最近では、アルバイトに給料を100万円異常払わずにタダ働きさせていたというバイトがテレビのニュースで流れましたね。

アットホームな企業

ハローワークや求人誌などで一度は見かけたことがあるであろうこのキャッチフレーズ、

「私達の企業は誰もが仲が良くとってもアットホームな企業です」

なんて文章を見つけたら要注意です!
だいたいこんな感じで書かれている求人は給料が他のよりも高いのですが、頻繁に求人誌やサイトに載っているものばかりでありブラック企業特有の離職率の高さが影響しており雇っても直ぐにやめてしまうからなのです。

給料が安い

ブラック企業の特徴でもある給料のやすさです。

30歳前後になってもなんと年収は300万円前後なんてザラだとか

ボーナス無し

普通の企業だったら一年間に2回もらえるボーナスはもちろん一回もなし!

それどころか、交通費もなし、転勤手当も無しで転勤だらけなんてブラック企業も多いそうです。

入社してからの離職率が異常にはやい

これは納得ですが、入社してからの離職率がはやいということはその企業での労働環境が悪いとことですね。

ホワイト企業は離職率が低く、ブラック企業は離職率が高い。
こちらはブラック企業かどうかを判断する上で分かりやすい判断材料ですね。

ちないみに離職率が物凄く低い仕事として言われているのは行政などの公務員だそうですw

モラハラセクハラパワハラ、○○ハラスメントが当たり前

ブラック企業は労働環境が悪いため上司や先輩もストレスを大量に抱え込んで仕事をしています。

そのため部下や後輩に鬱憤ばらしに嫌がらせなどをしてストレス解消を図るとんでもない人が多いんだとか、、、ですからパワハラやモラハラなどのハラスメントの事案が多いようです。

仕事内容は簡単なところが多い

どういう事かといいますと、単純な作業をしている場所がブラック企業が多いのです。

なぜかといいますとブラック企業は離職率が高いため、高度な技術を有している人がすぐに辞めていってしまったら仕事になりません。

ですが、単純な誰でも出来るような作業をしているのだったら、やめたらまたすぐに新しい人を雇えばいいだけであり人材不足で悩む必要はありません。

工場や、配達、飲食店などの俗にいう誰でも出来るような仕事がブラックと言われている理由はここですね。
他にもブラック企業の定義としては、

・うつ病になる人が沢山いる

・労働組合が合っても企業の言いなりで全く機能しない

・大量採用、大量離職を頻繁にしている

・理由は分からないが突然クビを言い渡される

などなど数多く存在しているようです。
では何故このようなブラック企業が大量に生まれてしまったのかといいますと、

やはり、日本の景気が悪いのが最大の理由ですね。

日本が不景気である異常企業は利益を出すのがバブルや好景気のと既得レベルと格段と難易度が違ってきます。

そのため、手っ取り早く経費削減をし利益を上げることが出来る方法としてはブラック企業の定義で言われているような、『残業代カット、交通費転勤手当なし、ボーナス無し、低賃金』などの社員にとって地獄のような事をするのが簡単なのです。

ですが、こんなことばかりされていたら社員の人ももちろん働く気力がなくなっていきますし、第一体や精神がボロボロになってしまいます。

幸せな人生を送るはずがブラック企業に就職したために何もかもがボロボロになるなんてことはザラだということですね。

私がブラック企業に就職したくない理由

今大学生である私ですが、絶対に嫌なことが有ります、、、それはブラック企業に就職することです。

これだけは何がなんでも嫌ですね。ぶっちゃけブラック企業に就職するんだったら実家に帰ってニートしていたほうがマシですw

如何せん、自分の体や精神面などがボロボロにされてしまい今後まだまだ続く長い人生を台無しにしてしまう可能性だってあるのですから!

人間誰しも幸せな人生を送るために生きていきます。

それなのに長い間タダ働きをさせられて、愚痴を言われて、どれだけ頑張っても何の意味もない何故働くのかわからなくなるようなところで自分の貴重な労働力を渡したくはありません。

自分の人生は一度きりしかないので、絶対に後悔はしたくないですよね!

幸せな人生を送るための方法とは

ではどうしたら幸せな人生を送ることが出来るのかといいますと、私は3つの条件があると考えております。

一つ目の条件は時間です。

社会人になってバリバリ働いていたとしても時間がなくてはせっかく稼いだお金を使うことは出来ませんし、もし結婚して家族を持ったとしても時間がない社会人だったら家族のために時間を使うことも難しくなっていきます。

そのためにある程度の時間的に余裕が必要なのです。
二つ目の条件は金銭面です。

ニートやフリーターになったら時間は腐るほどあるでしょう、しかしそれでは中々お金を貯めることは難しいです。

お金がなくては欲しいものも買えないし、交際費なども払うことが出来ず幸せな人生は送れないでしょう。
最後は煩わしい人間関係です。

こちらは友達や家族などのことではなく、就職した時の先輩や上司などです。

ホワイト企業などに就職できたとしたらきっと上司や先輩にも巡り会えることはあるかと思いますが、ホワイトだからといって全員が全員いい人達だとは限りません。

中には自分とは相性が悪い同僚や上司などはおそらくいるでしょうし、そういうのは非常に疲れます。

なので私は出来る限りそのような煩わしい人間関係とは無縁の生き方をしたいのです。

 

以上の点をまとめてみますと、

ニート並みに時間が合ってお金が沢山あり、ウザイ人間とかかわらなくていい生活

を目指していますw

しかしそんな人生を送るのは社会に就職したら絶対に不可能です。

まず一日の労働時間が8時間という時点でアウト、、、

ですが、社会には出ないで自らがお金を稼げるようになればこの生活を実現することは案外簡単だと私は気付きました。

そしてその気になる方法は、自宅のパソコンで出来る「ネットビジネス」なのです!

この胡散臭さ溢れ出ているネットビジネス、第一印象では全く稼げないと思われがちであり拒絶反応が強い人が多いです。

実際に私も始める前までは悩みに悩んでいましたからね!

しかし勇気を出してネットビジネスの世界に足を踏み入れてみると、そこには私の求めていた理想の世界があったのです。

 

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類