ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

ブラック企業以外でもサービス残業は当たり前!?公務員ですら普通にサビ残当たり前に!

   

ユーマです。

今回はブラック企業と同時に離されることが多いサービス残業の話題について取り上げていこうと思います。

社会で働いていると残業はかならずどこかしらでやるものであり、何も悪いことではないのですがサービス残業となると話は別になってきます。

なにせ自分の貴重な時間を会社のために捧げるのですからね!

しかし現在の日本ではそんなサービス残業すらも当たり前という風習になりつつあるのです。

また、毎日定時帰りが当たり前と思われている公務員ですら実はサービス残業させられているという話を聞きましたのでその辺りについても詳しく見ていきましょう。

サービス残業とは一体

ではまず初めにこの残業とサービス残業について詳しく知っておく必要があるので先に知っておきましょう。

まず国が定めている労働基準法によって定められている労働時間の決まりはこちらになっています。

・休憩以外で一日に8時間以上労働をさせてはいけない

・休憩以外で一週間に40時間以上労働させてはいけない

上記の二点を超えて働くと残業したということになります。

残業する場合は所定労働時間とはちがい25%の割増賃金として残業代をもらえるはずなのですが、25%どころか一円も払われないでタダ働きをするのがサービス残業なのです!

このサービス残業はブラック企業が行う手口であり社員を消耗品のように使用して使えなくなったら捨ててまた新たな消耗品である社員を雇い使い古しているのです。

ブラック企業の代名詞には
「居酒屋ワタミ」
「セブンイレブン」
「ABCマート」などがとても有名ですね。

どうして違法だと分かっていてもサービス残業をさせるのか?

どうしてここまでサービス残業は問題視されているにもかかわらずこの問題は全然減っていないのかといいますと3つの理由があります。

理由その1 会社側が違法だと知らない

驚きの理由ですが実際社会ではこの理由でサービス残業させられているケースが多いようです。

大手企業などでは絶対にこのようなケースはないですが、中小企業となると違法だとしらないこともかなりあるんだとか、、、

バリバリの犯罪であるにもかかわらず、逆に労働基準監査署に気づかれないから推奨している、、、なんて企業もあるんだとか(笑)

働く人にとってはたまったもんじゃないですね。

理由その2 大正義「会社のため」

昔から日本と外国の企業の違いとして言われていることは、

・日本は「企業様に雇われているんだからその企業に尽くせ」

・海外は「企業で俺様が働いてやってるんだからそっちが尽くせ」

の違いです。

日本ではこのような風習が根強くず~と昔からあるので、会社から「会社のため」という大義名分をひっさげられて残業代が支払われないなんてことはよくあるそうです。

日本にブラック企業が多いとされている理由はこのような風習が今なお残っているからですね。

会社が言うことは絶対という考えからサービス残業をやらされている、もう洗脳みたいなものだということです。

理由3 空気的に

3つめの理由は空気感です。

「他の企業もやっているから平気だろう」

「誰も文句言わないしいいだろう」

「給料は払ってるんだから良いだろう」

どの企業もサービス残業をやっていると思い別時に自分のところもサービス残業したって何も問題無いだろうという考えに至り行なってしまう心理的なケースです。

人間同士、特に日本人の間ではこの「なんとなく」というものはよく見かける話であります。

特に興味はないけどあのパンケーキ混んでるから行ってみよう。

私は野球なんてやりたくないけど皆がやるっているからしょうがなくやろう、、、

私も周りの空気に流されてしまうことはあるのですが、大事なところでは流されないで自らの意思をきちんと持っていることが重要です。

人生なんて学生時代が終わったら定年するまでお金を稼ぐために働くのですから、そのもっとも重要な要素はきちんとしなくてはいけませんよね。

減らないサービス残業

ブラック企業問題なども浮き彫りになったことから国も動き出しのですが予想外の法案が出てきました、、、

それは「残業代ゼロ法」!!

現在の内容では年収1000万円以上の人を対象にして残業代をゼロを試験的に導入することを目指しているらしいのですが、コレが上手く行けば一般社員にも取り入れる可能性があるんだとか。

これまで国も黙っていたサービス残業でしたが、最近浮き彫りになり騒がしくなってきてしまったのでサービス残業を合法にしちゃえ!という鬼のような法案、、、

企業には夢の様な法案ですが、労働者にとっては地獄のような法案であることは間違いないですね。

じゃあ公務員になって定時帰り勝ち組生活を送ろうと思っている人がいたら要注意です。

ホワイト公務員は一握り

公務員と聞くと誰しもが税金で給料もらっているのにボ~としながら窓口をしてるだけ。

と思っている人も多いようですが、実は公務員はブラック企業並みの待遇の場所が多いのです。

地方行政の場合だと場所にもよるそうなのですが、基本的には残業がない場所などなく50時間から100時間はかなりの人が残業しているらしいです。

また残業した時間全てを残業代に付けることは出来ない場合も多いらしく、実質サービス残業をしている人達もいるとか、、、

今の時代公務員は安泰と言われているようですが、絶対潰れないというくらいで、給料少ない普通にブラック、サビ残もあるなどブラック企業と大差ないのです。

まとめ

今回はサービス残業について書きました。

サービス残業がなくなるときは「残業代ゼロ法」が無事に通ってサービス残業という概念が無くなった時ぐらいな感じがしますねorz

そう考えますと社会に出て働いてお金を稼いでいくということは難しく労働者にとってはとても厳しいということがわかりますね。

しかし現在は社会に出て働き収入源を確保する道以外にも収入源を確保する方法はあります。

私は現在、社会に縛られないでお金や時間にも余裕がある本当の意味で自由な生活を送っていこうと思っている人向けにメルマガを配信しています。

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類