ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

ダイレクトレスポンスマーケティング【DRM】の3大要素である販売について分かりやすく解説

   

 

DRMにおける販売とは?

DRMは3つの要素から成り立っています

集客

教育

販売です

今回は最後の販売についての説明です

DRMの販売とは商品の購入を促す段階です

 

販売のポイント

販売のポイントとしては

  • 販売するタイミング
  • 販売予告
  • セールスレターを送る

この三つのポイントが有ります

 

販売のタイミング

™読者(メルマガ登録者)の数が一定数に達した時が販売のポイントです

™売る商品により読者目安は異なるのですが、

多ければ多いほど成約率につながっていきますので集客は頑張る必要がありますね

最低でも100人は集めたいです

 

販売予告

™予告で期待感を膨らませていく

徐々に予告を入れたメールをメルマガに流していき見込み客の人達の興味を引いていきます

そこで商品の魅力を念押ししていき期待を煽ります

これは、™コピーライティングを勉強して売れる文章の書き方を学んで文章を書いていき人間心理を上手く操って行く必要が有るためコピーの勉強をしなくてはいけませんね

 

セールスレター

™最終的な販売ページ

™商品の購入を念押しする

™ここでもやはりコピーライティングが必要

 

販売ページというのはLPのような商品の購入画面です。

LPとは一枚綴になっている長い商品説明のページ、、、あれを想像してもらうといいですね

 

ここでもコピーライティングが必要となっていますのでコピーは絶対必要なスキルなのです

 

まとめ

™DRMの販売タイミングは読者が一定数溜まったら販売を行う

™販売する前に販売予告をして読者の期待を高める

™期待感を高めたらセールスレターと呼ばれるメールをメルマガで流してそこから購入してもらう

™コピーライティングのスキルが必要

 

1週間や2週間ではDRM出来るほどのコンテンツを作ることは難しいですのでまずはコンテンツを作りながらコピーのノウハウも一緒に学んで行きましょう!

焦らないことが大切です

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類