ユーマタウンLP画像
  


%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

【目が疲れる人必見】スマフォやパソコンで疲れる人に直ぐ出来る改善方法をご紹介

   

日本でiphoneが発売されるようになってからガラケーから一気にスマートフォンが主流になり老若男女だれもが当たり前のようにスマフォの時代となりましたよね。

しかしスマフォだとついつい長い時間やってしまい目が物凄く疲れてしまうことってあると思います。

そこで今回はスマフォやパソコンでできるだけ目が疲れないようにするディスプレイの設定方法をご紹介していきます。

スマフォやパソコンの適度な明るさに調節

ディスプレイの適切な明るさというものが存在しています。

それは自分がいる周りの明るさに合わせて、ディスプレイの明るさを設定する必要があるのです。

適度な明るさを調節する際はまず初めに画面を白くしてください。

真っ白な画像データがない人はGoogleのトップページやYahooのトップページなどに行くと両サイドが白いスペースとなっているのでそちらでも結構です。

では調節方法ですが、

・白い部分が照明のような眩しい感じで見えたらディスプレイが明るすぎる

・白い部分が若干くすんで見えたり、グレーに見えたらディスプレイが暗いです。

明るすぎる場合は目が極端に疲れてしまうし、暗い場合だと視力が悪くなってしまいます。

その2つのことを踏まえた上でパソコンやスマフォの明るさを調節し、適度な明るさにしてもらったらこれまでよりは目の負担は低くすることが出来ます。

ブルーライトをカットする

しかし明るさを適切にしたとしてもやはり目が疲れるのは避けられません、、、ではどうしたら極力疲れないように出来るのか、、、

それはブルーライトをカットすることによって目の疲れをなるべく抑えることが出来ます。

皆さんも一度は聞いたことがあると思われるブルーライト、これはパソコンやスマフォの液晶から発せられる青い光であり可視光線の中でも最も大きい光です。

これが目を疲れさせているとも言われています。

そこで最近ブルーライトをカットする商品が沢山世の中に出回ってきているのです。

PCメガネのJINS PC

これは私も愛用している商品なのですが、ブルーライトを50%カットしてくれるという品物。

このようなブルーライトカット系メガネを幾つか買ったことがあるのですが、やはり1000円や1500円位の安物メガネだと画面を見るのが見にくかったのですがこのJINSPCはそれほど見づらくなく使いやすいです。

お値段も6000円位と安いので目に疲れを感じる人にはとてもオススメだと思います。

ブルーライトカット保護フィルム

最近ブルーライトが話題になってきたことも有りこのような保護フィルムが色々なメーカーから発売されるようになってきました。

私はこちらの商品をiPadに付けているのですが、PCメガネ並の力を発揮しているとおもいます。

しかしなかなかPC用の保護フィルムを貼って液晶に付けるのは気泡やホコリまみれになりそうで嫌だったので付けていませんが、そちらはPCメガネをつけていけば問題ないと思います。

パソコンの設定を変更してブルーライトをカットする方法

WindowsPCを利用している人は設定でブルーライトをカットする方法があります。

ではやり方を説明していきます。

1.デスクトップ上で右クリックをしてコンテキストメニューを開く

2.グラフィックプロパティを選択

116↑画像でいうとコレですね

3.インテルグラフィック/メディアコントロールパネルという画面が出てくると思うので詳細設定モードを選んでOKをクリック

4.色調整を選択する

5.プルタブメニューから青を選択する。
641x575xb4866f1da738a6c008cfc797

6.青色を選択したら数値を-20くらいにして適用を押す。
【オススメの数値は-20ですが、自分のお好みで数値を選択してください】

以上で設定からブルーライトをカットする方法でした。

意外にフォントサイズも目の疲れの原因!?

パソコンやスマフォなどの文字サイズってかなりの人がデフォルトのまま使用していると思うのですが、フォントサイズも自分にあったサイズが存在するのです。

人は自分の視力とは合っていない文字の大きさを読み取ろうとして目を凝らしていると、目の疲れを助長してしまい疲れる原因となってしまいます。

スマフォは設定で文字の大きさを設定することが出来ます。

またPCも
・コンテキストメニューを開き、

・一番下の個人設定、

・左下にあるディスプレイを押していくと

スクリーンショット 2015-11-13 12.21.52
このような画面上の文字を読みやすく出来る設定があるので、自分の見やすい大きさに設定してみてください。

まとめ

それでは今回の内容をまとめていきましょう

・明るさは適切な明るさに調節するとかなり目の疲れを抑えられる。←最もすぐに実践できます

・ブルーライトをカットすることによっても目の疲れは軽減される

・文字の大きさを自分の見やすい大きさに調節する。

どれもすぐに実践できることだと思うので、スマフォやパソコンでの目の疲れを感じる人は是非実践してみてくださいね。

私もパソコンとスマフォを一日12時間以上やっているため非常に目が疲れていたのですが、なんとか軽減できましたので効果はありますよw

ユーマタウンLP画像
  


他の関連記事

 - 未分類